繰り返し使える可愛いカバーを作れる

印刷機

皆さん、クリアファイルは普段どのように使っていますか。お馴染みのように、大事な書類などを汚れないように、挟んで使うのが一般的ですよね。こうした一般的な使用方法だけでなく、可愛いカバーが作れるのに活用できるのはご存知でしょうか。このクリアファイルを少し工夫するだけで、可愛いカバーが作れてしまうんです。例えば、スプレーや、歯磨き粉などの形にクリアファイルを切ります。そのクリアファイルに好きな包装紙や紙を挟み、カバーしたい物を包みます。最初にマスキングテープで固定するのを忘れないようにしてください。最後はマスキングテープで止めて完成になります。クリアファイル自体は、百均などで簡単に調達できます。スプレーや歯磨き粉が使い終わったら、カバーを留めているマスキングテープを外せばまた再利用が可能です。

最初は簡単なものから行おう

色見本

最初は歯磨き粉などは、カバーを作るのが難しいかもしれません。その場合は、スプレーなどの簡単なものから作り始めるといいでしょう。スプレーのカバーしたい部分の長さを測って、その長さ分にクリアファイルを切りましょう。それからいつものように、クリアファイルに紙を挟んで、スプレーに巻き付け、マスキングテープで留めるだけです。洗面所などの水場などで利用する場合、耐水性が気になりますよね。その際は、耐水性のある紙や、色付きのファイルを使用するといいでしょう。耐水性の紙は、文房具屋さんや、家電量販店、通販で購入することができます。調達するのが難しい方は、色や柄が付いているファイルを使用するのが無難です。透過性が強いファイルは、一巻きだけでは透けてしまうので、二巻き程するといいでしょう。

他のものでもカバーが作れる

インク

カバーを作る手順がわかったら、他の物のカバーも作ることができます。スプレーだけでなく、化粧水やペットボトルなど、創意工夫で様々なものが作れますよ。このクリアファイルによるカバーだけではなく、中にはセルフラミネートや、耐水シールを活用したカバーを作る方もいます。ラミネートとは、水に弱い紙などを丈夫な薄いプラスチックでカバーするものです。通常は、このラミネートを、機械で加工して作るのですが、自分で作成するタイプのセルフラミネートもあります。耐水性シールは、家具の模様替えにも使われるような丈夫なシールです。色のバリエーションも多いですが、百均では残念ながら購入できません。ただし、この耐水性シールを壁紙シールで代用することもできます。ただし、一度貼ると再利用ができません。再利用したい方は、シール台紙を剥がさずそのまま利用するといいでしょう。セルフラミネートもクリアファイル、壁紙シールも、全て百均で入手ができます。こうした材料の中から、自分の好みの方法で気軽に作成できるのが魅力です。

広告募集中